耳が遠くなったときはチャンピックスによる治療で改善

たばこの有害性に関しては、がんの発症率や血管を収縮させることによる動脈硬化などの影響が起きることが知られています。
しかし、肺がんやCOPDなどのたばこの症状に代表されるもの以外にも、多くの影響が及ぶと考えられています。
その一つとして、喫煙と難聴の関係が挙げられます。
喫煙者には耳鳴りや耳が遠くなったと感じる人が多く、その要因としてたばこがあると言えます。
喫煙することで加齢性難聴になるという指摘があり、音を認識するためには耳にある有毛細胞が役割を果たしていますが、喫煙によって難聴になる年齢が低下すると言われています。
喫煙を行うとたばこに含まれているニコチンの影響で、末梢血管の収縮が起きることが知られていますが、この作用によって耳の有毛細胞に影響を与えます。
耳が遠くなったと感じるときの対応策としては、禁煙することが良いと考えられ、加齢と共にたばこを止める必要があります。

自治体ではスーパーなどで禁煙ポスターを配布する活動を行っているところがあり、禁煙の大切さを普及しています。
禁煙ポスターを制作することで、たばこの有害性を認識してもらう活動をしていて、無償でポスターを作っている自治体は多くなっています。
禁煙を成功させるために有効性の高いものとして、禁煙補助剤のチャンピックスがあります。
チャンピックスは厚生労働省の認可を受けている医薬品ですので、医療機関を受診することで入手できます。
現在の禁煙治療ではチャンピックスを服用する方法が多くなっており、ニコチンによる離脱症状を軽減できる効果があるために、成功率を高めることが可能となります。
チャンピックスを服用する治療では、12週間にわたって継続的に服用する必要があり、医療機関を5回ほど受診します。
耳が遠くなったと思う人の症状の緩和にも、チャンピックスは役立つものと考えられます。